ゆるい経営術

がんばるのではなく、努力するのではなく、自然体が最も力を発揮するのであーる。

ゆるくなると、パフォーマンスが上がる

そもそもなぜ

「ゆるい」

というフレーズを使うかというと、

自然体にこだわっていきたいという思いからです。

まぁこだわっている時点で自然体ではないのですが、

その辺はまだまだこれから、ということで。

 

僕は、人が最大限の力を発揮するときっていうのは、

ふんばっているときではなくて、

自然体なときではないか、

と思うんですよね。

 

これは仕事の仕方を見ていてもそうですし、

スポーツを見ていてもそう。

 

僕も中学生のときからずっとサッカーをやってきて、

今でもたまにフットサルをするのですが、

やっぱりガチガチに緊張しているときよりも

リラックスできている、もしくは適度な緊張感があるときの方が

パフォーマンスはよかった気がします。

 

ということで、ビジネス、経営においても、

自然体でやったらどれだけ成果が出るのか?

ということを僕の人生かけて実験してみたいと思います(笑)

 

あくまでも自然体、リラックス、なのであって、

それをサボっている、手を抜いている、と解釈されかねないのですが、

それとこれとは別、

ということはまた追々書いていきたいと思います。

 

お楽しみに~