読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるい経営術

がんばるのではなく、努力するのではなく、自然体が最も力を発揮するのであーる。

行動のハードルを下げるコミュニティ作り

ゆるい経営術

両親に対して、自分の気持ちをぶつけてみると、心がかなり軽くなった。

昨日はある意味、僕の「自立記念日」かもしれない。

 

その様子はこちら。

 

ryota-free.hatenadiary.jp

 

2014年に独立してから、やりたいことをどんどん事業化しよう!という思いがありながらも、なかなか行動したり継続したりできなかった。

 

でも昨日の出来事のおかげで、その原因が

「母親からの制限」

「父親へのネガティブな印象」

にあると気付き、それは

「ただの勘違い」

だということに気付けた。

 

なので、これからどんどん、自分の思いを形にしていく。

 

 

現在、最もやりたいことは、

「行動へのハードルを下げる」

ということ。

 

みなさんも経験があると思うけど、何か新しいことを始めようとするとき、かなりハードルが高く感じてしまわないだろうか?

 

やりたいけど、

失敗が怖い、

初対面の人と会うのが恥ずかしい、

へたくそと思われることが嫌だ…

などなど、「やらない理由」がたくさん出てくる。

 

それを乗り越えられるような人であれば、その新しいことを始めることができるけど、多くの人はそこで尻込みしてしまう。

 

せっかく自分の「やりたい」という素敵な感情に出会えたのに、

「やらない理由」というなんともやっかいなものが邪魔をして、結局行動できずにいつもの自分を続けてしまう。

 

こういったことは、非常にもったいないと思う。

せっかくの人生なので、やりたいと思ったことは、やりたいと思ったときに、やれるようになってほしい、と思う。

行動のハードルって、誰かが設定したものじゃなくて、単なる自分自身で生みだしたもの。

 

で、それが頭では理解していたとしても、なかなか体がついてこない。

それを解消する、ということですらハードルが高くなってしまう。

 

そんなことって結構あるんじゃないでしょうか。

 

 

では、どうすればそのハードルを乗り越えることができるか?

どうすれば簡単に行動することができるか?

どうすれば、そもそも「ハードルなんかないやん!」と思えることができるか?

 

 

僕が思うに、

「自分一人でやろうとするから怖い」んだと思う。

 

誰かと一緒なら、はじめましての場所にも、すんなり行けたりしません?

 

誰かと一緒なら、しんどいことも続いたりしません?

 

そう、せっかく仲間がいるんだから、まずは仲間と一緒に始めればいい。

 

やったことないことを、

やりたいと思ったら、

仲間を巻き込んでしまえばいい。

 

でも、そういったことを伝えても、いつもの「できない理由」が出てきますよね。

 

「そうは言っても、仲間を巻き込む力なんて、自分にはない…」

 

はい、わかります、それ。

 

巻き込もうと思って、提案に乗ってくれなかったら悲しいですよね。

 

わかりますわかります。

 

 

なるほど。

 

じゃあ、こうしましょう。

 

その、やりたいこと、僕と一緒に始めてみませんか?

 

僕と一緒に何かを始めることで、あなたの「行動ハードル」が下がるなら、僕を活用してみませんか?

 

たとえば、

・この映画を観に行きたい!

・テレビでやってたおいしそうなお店に行ってみたい!

・雑誌に載ってた観光スポット、行ってみたい!

ということってありますよね。

 

でも友達が来てくれるか不安だから誘えない…ということがあるなら、僕が一緒に行きます。

 

一緒に行動のハードルを下げていきましょう。

 

他にも

マンガ喫茶行ってみたい。

・1杯1000円ぐらいするカフェに行ってみたい。

・図書館に行ってみたい。

といったこともあるかなーと。

 

ちなみに、これは、僕が「行ってみたいけど、1人で行くのは勇気がいるな、と思って、いざ行ってみたら全然勇気なんかいらなくて、もっと早く行っておけばよかった」ということ。

 

最初に1人で行く勇気がないなら、最初は僕と一緒に行って、次からは1人で行ってみてください。

勇気なんて全くいりませんから。

思う存分、楽しんでください。

 

 

で、僕は、こういった仕組みを「スポーツ」という切り口でやっていく。

 

みんなが気軽にスポーツを楽しめる環境を作っていく。

 

フットサルならフットサル、

野球なら野球、

バスケならバスケ、

といった、個別のコミュニティはあるけど、それらを一括で運営するコミュニティはまだないと思う。

 

そして、僕ならそういったコミュニティがあれば、ぜひ参加したい。

 

この日はフットサルやりますよー。

この日は野球やりますよー。

この日はバスケやりますよー。

この日はバレーやりますよー。

この日は相撲大会やりますよー。

この日はテニスやりますよー。

この日はランニングやりますよー。

 

そんな大きなコミュニティがあり、いつもの仲間や、その仲間の仲間が集まるのなら、スポーツに参加することへのハードルが、がくっと下がると思う。

 

そうすることで、もっとみんなが体を動かす機会や、目標を設定して達成する喜びを味わう機会などが増える。

 

それが一人ひとりの成長や楽しみにつながる。

 

そういった、「スポーツ」という切り口で、人生の充実度を高めていきたいと思っている。

 

僕自身がスポーツ(サッカー)を通じて人間的に成長できた、という実体験があるので、それを多くの人に経験してもらいたい。

 

スポーツを通じて、自分の強みや特徴に気付いてほしいし、それを活かしあう関係性を築いてほしい。

 

このあたりの僕の思いは、もっと明確化・言語化する必要があるけど、そんなことを思っている。

 

それが「強みを活かして日本を底上げする」ということにもつながると思っている。

 

 

まぁ、そこまで仰々しい思いで参加しなくてOKなので(笑)、気軽にスポーツできる環境を作っていくので、やりたいなーと思うことがあれば参加してみてください。

 

このあたりはどんどん形にしていくので、「これ、やりたい!」ということがあれば、ぜひ何でも言ってください。

 

ご意見お待ちしてます^^