ゆるい経営術

がんばるのではなく、努力するのではなく、自然体が最も力を発揮するのであーる。

理想的なライフスタイルを送っている人の考えをインストールする前に…

この前、

「素直になること」

について書いた。

 

そのときの記事はこちら。

 

ryota-free.hatenadiary.jp

 

 

かんたんにまとめると、

・自分の心に素直になり、理想の自分を設定する。

・既にそうなっている人の考えなどを素直にインストールする。

という2ステップということ。

 

でも、これが案外難しいんだな、ということを、

最近インストールしながら実感している。

 

というのも、どうしても素直にインストールしていても、

自分の凝り固まった考えが邪魔をしている。

 

「これをやるといいよ」

と言われても、

「いや、でも、それをやっちゃうと…」

と自分の不安や恐怖が先に出てくる。

 

それをなんとか押し退けて、無理やり行動してみると…

物事が好転していく。

 

ほんま不思議。

 

やっぱり、現状の自分が理想的でないのなら、

そんな自分が予想する不安や恐怖なんて、

起きる確率はかなり低い。

勝手にびびってるだけ。

 

であれば、既に自分の理想的な状態になっている人の言うことを聞いた方が、

よっぽど簡単に理想的な自分になれる。

 

それを邪魔する、自分の固定観念

 

「素直に、人の考えをインストール」

する前に、

「現状の非理想的な自分の考えをアンインストールする」

ということが必要なのかもしれない。

 

「今までの」自分はこう考えていた。

「今までの」自分はこう信じていた。

「今までの」自分はこう動いていた。

 

それを、全部、アンインストールする。

 

そうしないと、次のインストールをしようとしても、

なかなか入ってこなかったり、

入ってきてもバグが発生したり、

ぎこちない動きになったりしてしまう。

パソコンと同じ。

 

汚い水に、いくら綺麗な水を足しても、

汚い水は残ったまま。

ただそれが薄まるだけ。

 

まずは汚い水を濾過して取り除かないと。

もしくは、完全に捨てないと。

 

そうすると、自分を否定してしまうような気になるかもしれない。

 

けど、今までの自分を続ける勇気と、

それを捨てて理想的な自分になる勇気、

どっちを取るか?

 

大丈夫、捨てても残るものが、

本当に大切にすべきもの。

 

100%汚い水じゃなく、

残したい部分もあるはず。

 

それは濾過したら残ってくれるもの。

 

今までの濁った自分よ、さらば!