読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるい経営術

がんばるのではなく、努力するのではなく、自然体が最も力を発揮するのであーる。

「ないもの」よりも「あるもの」に集中する

ゆるい経営術

昨日は昼から夜まで、がっつりインプットとアウトプットの繰り返しでした。

新しい知識を仕入れたり、

そこから何か学びや気付きにつなげたり、

さらに行動してみたり…

 

これの繰り返しがめちゃくちゃ楽しいと感じるので、

なんかあっという間に1日終わったな~、

という感じです。

充実してた、って証拠ですかね。

 

 

その中でひとつ学んだことというか、

改めて実感したことをちょっと書いてみたいと思います。

 

 

人は生きていくなかで、様々なものを手に入れる、もしくは捨てることになるのですが、

やっぱり今もっているものでしか勝負できないな、

ということです。

 

「~でしか勝負できない」

と書くと、なんか後ろ向きな表現に聞こえるかもですが、

それを受け入れると、

どんな勝負をすればいいのか、

どんな戦い方を選べばいいのか、

ということが見えてくるという、

なんとも前向きなことでもあるのです。

 

 

たとえば、

ドラクエなら最初は「ひのきのぼう」で戦うしかありません。

ファイナルファンタジーなら最初は「ダガー」で戦うしかありません。

クロノトリガーなら最初は「木刀」で戦うしかありません。

 

ゲーム好きじゃない人は、ここスルーしてください(笑)

 

つまり、最初の武器って最弱なんです。

でもそれでやっていくしかないんです。

そこは「受け入れる」必要があるんです。

 

で、最弱の武器を持っている間は、

最弱の敵が出てきます。

 

ここで言う敵とは、

課題や困難、邪魔をしてくる人、なぜかうまくいかない流れ、

といったところでしょうか。

 

でも最弱の武器でも戦える敵なので、

なんとかクリアすることができます。

 

そうすると経験値が貯まるので、

少し強くなっていきます。

 

少し強くなると、少し強い敵を倒すこともできます。

 

そうすると、手に入れられるものも増えますよね。

経験値も増えますし、お金も入りますし、仲間も増えますし、情報も得られます。

そうすると新しい武器も買うことができるし、

新しい場所にも行けるし、

より強い敵にも勝つことができるし…

 

この繰り返しでしかありません。

 

 

まぁこうやって成長していくんだな、ということはなんとなくわかると思うんですけど、

最初の頃は結構つらいんですよね。

 

ゲームの世界では「武器」というわかりやすいものがあるのでなんとなく理解できるのですが、

日常生活では何を使えばいいのでしょうか。

 

 

僕が考えるに、

「すでにたくさん持っているリソース」

「与えても減らないリソース」

を使ってみるといいと思っています。

 

たとえば、

お金がなくても時間がたくさんあるなら、

まずは人よりもたくさん時間をかけてみる。

お金持ちならお金でショートカットすることも多いでしょう。

友達が多いなら頼ってみる。

健康的なら労働しまくる。

 

与えても減らないものでいうと、

常に笑顔でいる、

明るく元気に接する、

今までの知識や経験を伝える、

気付いたことをフィードバックする、

イデアを伝える、

などなど。

 

つまり、何かをするにはあなたが持っているリソースを使う必要があり、

リソースとは使うと減るものもありますし、

使っても減らないものもあります。

 

使って減ったとしても困らないぐらいたっぷりあれば使えばいいですし、

減らないならなおさら使っていけばいいんです。

 

ないものを嘆くより、

あるものを使っていく。

 

それがたとえ「ひのきのぼう」「ダガー」「木刀」であっても、

むしろ「素手」であったとしても、

それでやっていくしかない。

 

それで倒せる敵しかいないので、大丈夫です(笑)

 

ということで、自分のもっているリソースに集中してどんどん進んで行きましょう!