読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるい経営術

がんばるのではなく、努力するのではなく、自然体が最も力を発揮するのであーる。

人間関係を良くしたいときに、まず考えることはこれだ!

ゆるい経営術

人は一人では生きていけません。

誰かとのつながりが大切です。

 

ということはよく言われているんですが、

じゃあどうすればもっとよくつながれるんだろう?

ということを考えてみました。

 

なんとなくイメージとして思い浮かんだので、

言葉としては伝えにくい…

 

なので、もうそのままイメージで伝えてしまいます。

 

というわけで画像をフル活用(笑)

 

よく、

「点と点がつながって線になる」

って言われますよね。

 

それは、

点とは別の線があり、結ばれる、

という感じではなく、

僕の中では、

点が伸びてお互いがつながり、

線になったように見える、

という感覚です。

 

たとえば、

Aさんがいます。

 

f:id:ryota-free:20150619135030j:plain

 

小さい点ですね。

 

で、次にBさんがいます。

 

f:id:ryota-free:20150619135043j:plain

 

ちょっと大きな点ですね。

むしろ円ですね。

 

 

そう、点とは、拡大してみるとどれも円になる、ということになります。

 

並べるとこんな感じ。

 

f:id:ryota-free:20150619135051j:plain

 

で、その点(円)がつながるということは、

つながろうと動く、

ということです。

 

こんな感じ。

 

f:id:ryota-free:20150619135049j:plain

 

なんかなめくじみたい…(笑)

 

Bさんからだけではなく、

Aさんからも近付いてもらいましょう。

 

f:id:ryota-free:20150619135052j:plain

 

はい、つながりました!

 

でも、つながり方がまだまだ弱いと思うんですよね。


つながり方を強くするためには、

円を広げることがポイントです。

 

f:id:ryota-free:20150619135053j:plain

 

こんな感じ。

 

なので、人とのつながりを強くするには、

結局自分を大きくしよう、

ということなのかなと思います。

 

円は自分を構成している要素すべてなので、

心技体を鍛えたりとか、

知識や経験を増やしたりとか、

そういった、もう、すべてなんです。

 

人間としての器、ってやつです。

 

 

で、それが大きくなっていくと…

 

f:id:ryota-free:20150619135055j:plain

 

こんな感じで、相手を包み込むことができます。

たくさんの人を受け入れられることができます。

 

これができれば、

「つながり」

以上の関係性をつくることができるんじゃないか。

 

そう思います。

 

 

自分の円を広げること。

つながろうと相手に歩み寄ること。

最終的にはたくさんの人を受け入れ、包み込むこと。

 

これができたら、もう人間関係で悩まなくてすむかも。

 

相手を変えるのではなく、

自分の器を広くしていくことに集中していきましょう。