読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるい経営術

がんばるのではなく、努力するのではなく、自然体が最も力を発揮するのであーる。

空腹は最高のスパイス

ゆるい経営術

腰痛に悩まされる日々…

 

実はこの1年ほどで、3回も腰を痛めてます。

まだ30歳…!

もう30歳…?

サッカーのゴールキーパーをやっていたので、腰を痛めやすい(地面に何度も打ちつけるため)とはいえ、ちょっと痛めすぎですね。

 

ギックリ腰2回と、今はヘルニアで安静中…

 

腰を痛めるたびに、

「体の要やから大事にせななぁ〜」

と思うんですが、元通りよくなるとその考えが吹き飛んでしまいます。

まるで腰なんか痛くなかったかのように。

で、忘れた頃に、ドカンとくるわけですよね、腰痛が。

 

ほんまもう、この繰り返しです。

ええ加減学習せんと…という感じなんですが、やっぱり普段から

「腰を痛めないように、腰を痛めないように…」

なんて生活してられませんよね。

 

腰痛だけではなく、風邪を引いたときとか、頭が痛いときとか、虫歯になったときって、改めて健康の大切さを実感しますよね。

 

 

不幸は幸福のはじまり?!

 

で、最近よく思うのが、

こういった痛みやつらさ、不幸なできごとっていうのは、

ぼくたちに幸福を感じさせるために訪れるんじゃないのか、

ということです。

 

 

人は、ギャップが嬉しいんです。

 

人の見た目と中身のギャップにやられるときってありますよね。

 

こんなチャラチャラしてるのに気配りできる、とか。

子供っぽいのにしっかり考えてる、

とか。

 

人の心理として、ギャップによって心が動くことはたくさんあります。

 

ということは、ですよ。

 

「ない」のは「ある」を実感するためではないでしょうか。

 

腰が痛かったり風邪をひいたりするのは、もちろん体調管理を怠っているからなんですが、健康的な体がいかにありがたいのか、ということを実感するためでもあります。

 

その実感がないと、本当はありがたいものなのに、ないがしろにしてしまうわけですよ。

 

今手に入れているものが、あり続けると有難味(ありがたみ)がなくなる。

ずっと噛んでるガムみたいなものですよね。

まったく旨味がないわけです。

 

旨味をもう一度味わうためには、一度手に入れているものを吐き出して、新しいものを手に入れるしかありません。

 

という理由で、一度不健康を経ることで健康をより味わえる、ということです。

 

 

それはもしかしたら全てのことに共通しているのかもしれません。

 

健康、お金、人間関係、恋愛、情報、運、機会…

 

体調が悪いのも、

お金がないのも、

友達が離れるのも、

恋人と別れたのも、

情報が入ってこないのも、

運が悪いのも、

チャンスがないのも、

すべて一度「ない」状態を味わうことで、考え方や行動を改善し、

「ある」状態を手に入れたときの喜びを最大化させるための前フリなんです。

 

そう思えば、現状を冷静に捉えることができますよね。

 

自分は今、ドン底にいる…

と思ったとしても、それは幸せの前フリであり、ギャップが大きい方が喜び度も大きいんです。

 

このあとにクライマックスが待ってる。

そこに向けて、考え方を変え、前向きに行動すれば手に入れられるものがある!

 

実はそんなストーリーを、人は望んでるのかもしれませんね。

 

満たされすぎるとおもしろくないですからね。

 

足りないものを、足りないもので終わらせるのではなく、満たされるための材料だと捉え直してみましょう。

 

空腹は最高のスパイスですからね^ ^

 

 

また読みたい!と思ったらこちらをクリック^^

現在、ランキング2位です(^^)v

いつもありがとうございます!

↓↓↓

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ