ゆるい経営術

がんばるのではなく、努力するのではなく、自然体が最も力を発揮するのであーる。

やりたいことランキング1位と向き合う

これ。

最近読んでる本です。

 

 

 

この本の中で書かれていたことで、

衝撃的だった内容といえば…

 

 

「義務感や我慢は必要ない」

ということ。

 

「我慢することをやめよう」

ということは、以前お伝えしました。

 

 

ryota-free.hatenadiary.jp

 

 

我慢は慢心が引き起こすからだ、

ということをお伝えしたんですが、

この本では「我慢」のことを

「してはイケナイこと」と定義しています。

 

そして「義務感」のことを

「しなければイケナイこと」と定義しています。

 

つまり、

我慢も義務感も、

「イケナイこと」をしているのです。

 

イケナイことをしてはイケナイはずなのに、

自分にとってイケナイことはしてしまう。

 

我慢も義務感も本当はやったらあかんのですよ。

 

それを、

人のために、

社会のために、

コミュニティのために、

国のために、

世界のために、

親のために…

 

なんらかの理由をつけて、

もしくはつけられて、

イケナイことなのにやってしまう。

 

「そうしないとイケナイって、僕らは教わったもん!」

と上の人から言われると、

「社会でうまくやっていくやっていくにはそれをしないとイケナイんだ…」

と思っちゃいますよね。

 

そうやって、

「イケナイ」

の連鎖が続いていく…

 

それをどこかでストップさせるには、

我慢や義務感から解放されて、

自分がやりたいこと、楽しいことを中心にして、

一人ひとりが生きていける環境にしたい。

 

それがこの本の著者の想いであり、

僕が共感したポイントでもあります。

 

 

最近思うのですが、

やりたいことランキング1位があるのに、

みんな2位とか3位とかをやろうとする。

 

3位ならまだいいほうで、

10位とか

100位とか

むしろワースト1位とか

その辺を狙っていく。

 

そしてそのもっともらしい理由を、

クリエイティブに並び立てる。

 

やりたいことランキング100位をするために生まれてきたのかなー、

そんなことのために、「生まれる」という奇跡的なことを成し遂げたのかなー、

と思うんです。

 

本当は何をしても大丈夫やのに、

本当は何をしても許されるのに、

ちょっとした批判や反発や嫉妬や拒否によって、

やりたいことランキング1位から目を反らす。

 

うーん、そりゃぁ、しんどいよね。

 

なので、これからもっと、

自分の中の1位と大切に向き合っていきたいな、

と改めて実感したのでした。

 

この本、オススメです。

今まで我慢や義務感でいっぱいだった自分を癒すことができるので、

がんばりすぎてるあなたにオススメです。

 

 

 

 

 

また読みたい!と思ったらこちらをクリック^^

 

「個人事業主」ランキング2位になっちゃいました(*_*;笑

「経営者」ランキング、徐々にランクアップ中です(^^)v

いつもありがとうございます!

↓↓↓

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ