ゆるい経営術

がんばるのではなく、努力するのではなく、自然体が最も力を発揮するのであーる。

本当は人間に大差なんてない

僕には、聞かれると困る質問がいくつかあるんですが、

そのうちのひとつが

「憧れの人は誰ですか?」

という質問です。

 

憧れてる人って、正直いないんですよね。

僕の中で「憧れ」って、

「その人みたいになりたい!」

って思ってるということなんです。

 

で、実際は無理なんで、

僕は僕で、その人はその人なんで、

憧れるのってどうなのかな?

と思っています。

 

もちろん、「憧れ」の定義が違う人にとっては、

誰かに憧れることは素晴らしいと思うし、

それを否定するつもりはさらさらありません。

あくまでも僕の中で、ということです。

 

でも、尊敬する人はたくさんいます。

というか、全ての人を尊敬しています。

 

全員が尊い命をもっているし、

誰もが素晴らしいところをもっているし、

僕にできないことをできるので、

尊敬しています。

 

なので、僕の中では

「憧れ=全てその人みたいになりたい」

「尊敬=その人の素晴らしいところ」

という感じですね。

 

 

僕の中では、

名経営者であっても、

ニートであっても、

同じ一人の人間として見ようとしています。

 

名経営者がしょうもないことを言うときもあれば、

ニートが言った言葉で気付きが得られるときもあります。

 

「誰が」言うか、ではなく、

「何を」言うか、と考えています。

 

じゃないと、仮に名経営者が嘘をついたり間違ったことを言ったりしても、

すんなり引っかかってしまいますからね。

内容を吟味しないといけません。

 

そういった意味では、

「その人を一個人として見ることができるか」

というスタンスを持っていることになります。

 

科学的?に見ると、

人間ってそんなに大差ないんですよね。

 

どんなに有名でも偉くても実績がすごくても、

単なる人間。単なる生命体。

完璧な人間なんて一人もいません。

 

であれば、無駄に恐れる必要もひれ伏す必要もないわけです。

 

尊敬されると嬉しい(特徴を見てくれている)んですが、

憧れられるとめんどくさい(自分の人生を生きろよ)と思います。

 

比較をすると不幸になるので、

さっさと理想の自分を実現することが先!ですね。

 

同じ人間なんだから、大差がないはず!

という前提を持てば、

誰でも尊敬できるようになるので、

おすすめですよ。

 

 

 

また読みたい!と思ったらこちらをクリック^^

 

「個人事業主」ランキング1位~3位をうろうろしています(^^)/

「経営者」ランキング、徐々にランクアップ中です(^^)v

いつもありがとうございます!

↓↓↓

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ