ゆるい経営術

がんばるのではなく、努力するのではなく、自然体が最も力を発揮するのであーる。

「社会」と「常識」の関係について

よし、「社会」と「常識」というテーマで書いてみよう!

 

と思いついたので書いてみます。

勢いって大事ですね。

 

 

人は誰でも、

絶対的な個人であり、

唯一無二の存在なんですが、

絶対的な個人である限り、

他の絶対的な個人と100%重なり合うことっていうのはないと考えています。

 

似ている人はあっても、

完全に一致する人はありません。

 

その「絶対的な個人同士が集まること」を

「社会」と言います。

 

なので、「社会」は2人以上で成立します。

 

 

で、絶対的な個人が完全に重なり合わないということは、

同じ考え方や行動内容をとっていても、

かならずズレは発生するわけです。

 

そのズレは、お互いに気持ち悪いもの、違和感になるので、

そのままにしておきたくないですよね。

 

そこで、その違和感を解消するために

「常識」

というものを設定します。

 

・日本人は日本語を使う、ってことにしよ。

・家に入るときは、靴を脱ぐ、ってことにしよ。

・電車に乗るときはちゃんと並んでおく、ってことにしよ。

 

こういったことを、

ルール、マナー、モラル、

と表現して、

同じ「社会」に住む人たちの「常識」を作ってきたわけです。

 

 

Aという「常識」は、Aという「社会」に適用されるものであり、

Bという「常識」は、Bという「社会」に適用されるものであります。

 

もちろん、そのAとBにも共通点はありますが、

相違点もあります。

 

その相違点は「共通化させるべきもの」ではなく、

「受け入れるべきもの」です。

 

なので、もし自分がAという常識よりも、Bという常識を実行したいのであれば、

Aという社会にいると居心地が悪くなります。

そうなった場合は、Aという社会を変えるのではなく、

Bという常識をもった社会に行く、

もしくは自分で創りだす、

ということが必要になります。

 

 

 

野球とサッカーでは、

ルールがまったく違います。

 

もちろん、共通点(1点でも多い方が勝ち、など)はありますが、

違うスポーツですよね。

 

スポーツ=社会

 

となります。

 

 

で、それぞれのスポーツには守るべきルールがあります。

 

野球であれば、

3アウトになったら交代しなければならない。

 

サッカーであれば、

基本的に手を使ってはいけない。

 

 

ルール=常識

 

となります。

 

 

じゃあ、ボールをたくさん手で触りたい人がサッカーをする場合、

どうしたらいいでしょうか?

 

スローイン以外はボールに触らない?

キーパーをする?

 

いろんな方法があると思いますが、

一番いいのは

「サッカーという社会を抜け出す」

ということ。

そして、

「野球という社会に入る」

ということ。

 

ルールを変えるには相当な努力が必要ですし、

それが生きがいで自分の人生をすべてかけてでもやりたいんだ!

というのならばいいと思うんですが、

そうでないのならスポーツを変えることをオススメします(笑)

 

 

野球という社会には、

野球が好きな人が集まりますし、

野球のルールを適用するという共通認識があります。

 

サッカーという社会には、

サッカーが好きな人が集まりますし、

サッカーのルールを適用するという共通認識があります。

 

 

一般社会において、

常識、ルール、マナー、モラルで苦しんでいる人は、

そもそも所属している社会が合ってないんじゃないかな、

と思うんです。

 

それでもその社会でやってきた過去や周りの目、

新しい社会に飛び込む不安などがあり、

なかなか変化させることができません。

 

でも、新しい社会で活き活きと動く自分を想像したら、

そっちに行きたくないですか?

 

「本当はサッカーしたいのに、

 ●●(できない理由)のせいで野球を続けている…」

 

なんてことが起きているわけです。

 

それって、サッカーできない自分に対してもよくないですし、

野球仲間に対してもよくないですよね。

 

嫌なんやったら、野球やめてさっさとサッカーすればいいのに!

ってなります。

 

 

社会とは、

・友達、仲間、

・学校

・市町村

・国

といった、2人以上が集まっている状態のこと。

 

その状態が円滑に運営されるために、

・ルール

・マナー

・モラル

というものが必要になります。

 

 

もし今の状態が、自分の力を最大限発揮できていない、

と感じるのであれば、

自分が所属する社会を変える必要性があるのかもしれません。

 

 

あなたが最大限活き活きできる社会、

見つけていきましょう!

 

 

 

また読みたい!と思ったらこちらをクリック^^

 

「個人事業主」ランキング1位~3位をうろうろしています(^^)/

「経営者」ランキング、徐々にランクアップ中です(^^)v

いつもありがとうございます!

↓↓↓

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ