読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるい経営術

がんばるのではなく、努力するのではなく、自然体が最も力を発揮するのであーる。

人間関係は新陳代謝をイメージする

今の自分から理想の自分に向けて、

思考が変わったり行動が増えたりすると、

付き合う人たちも変わってきます。

 

僕は就職や転職、独立を経て、

そういった経験をしてきました。

 

周りにいる多くの人も同じようなことを言っていたので、

「成長」と「仲間の変化」は切っても離せない関係なんだと思います。

 

でも、多くの人は「成長したい」と言いながらも、

「仲間の変化」はイヤだ、という葛藤を抱えます。

 

やっぱり、仲の良い友人や、気心知れた仲間が変わってしまうのは、

なんだかイヤな気持ちになりますよね。

 

でも、ステージが変わるというか、

進む道が変わるということは、

環境が変わる、ということです。

 

それを受け入れることができないと、

その場に止まるしかありません。

 

 

でも、ここで考えてほしいのが、

「自然の摂理として、新陳代謝は当たり前」

ということです。

 

年齢を重ねるにつれ、

幼稚園→小学校→中学校→高校…

と通う場所や付き合う人も変わります。

 

また、就職などを通じて実家を出て、

親から離れることもあります。

 

また、ずっと付き合っている仲間とも、

同じような関わり方ではなく、

違った関わり方をする、

ということも多いでしょう。

 

ただふざけた話をしていただけだったのに、

今では一緒に仕事を手掛けている…

 

そんなこともありますよね。

 

同じ「人」であっても、

「関わり方」が変われば、

それは仲間が変わった、と言ってもいいでしょう。

 

 

また、自分は変わってないつもりでも、

やはり時間が経つと少なからず変化は起きます。

変化が起きるということは、

周囲の人との関わり方も変わります。

 

 

つまり、

「成長したいけど、仲間との付き合い方が変わるのはイヤだ」

ということは成り立たない、ということなんです。

 

絶対に変化はします。

ただ、それに気付かないだけなんです。

 

であれば、変わってないつもりで変わっていくよりも、

成長によってステージを変えつつ、

自ら仲間との付き合い方を変える、

ということもありですよね。

 

人を変えるのではなく、

関係を変える。

 

勝手に「変わる」ので、

イヤだイヤだと言うのではなくて、

受け入れたうえで、

「変える」ことの方がいいと僕は思っています。

 

 

仲間との関わり方を受け入れることができれば、

成長を止めるブレーキみたいなものが外れるので、

すんなり成長できますよ。

 

ぜひお試しあれ。

 

 

 

また読みたい!と思ったらこちらをクリック^^

 

「個人事業主」ランキング1位~3位をうろうろしています(^^)/

「経営者」ランキング、徐々にランクアップ中です(^^)v

いつもありがとうございます!

↓↓↓

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ