ゆるい経営術

がんばるのではなく、努力するのではなく、自然体が最も力を発揮するのであーる。

イケてるアポの取り方

誰かとアポを取るときに、

あなたならまずどんなことから確認しますか?

 

多くの人は

「日時」

「場所」

といったところを確認するのではないでしょうか。

 

しかし、実はもっと大切なことは、

「会う目的」

を確認することなんです。

 

たとえば電話がかかってきたときに

「もしもし、明日の昼ってヒマ?」

と聞かれたとします。

 

そこで、たとえ時間があったとしても、

「ヒマやで」

と答えたくないんですよね。

 

なぜかと言うと、

会って話す目的次第では、いくら時間があっても、

そこ時間を割きたくないな、という内容なら断りたいから、です。

 

でも、

「ヒマやで」

と先に時間を確保されてしまうと、

断りにくくなってしまいますよね。

 

「え、ヒマなんやったらええやん。ちょっと会って話しよーや!」

と押し切られる可能性大です。

そりゃーもうめんどくさいんですよね、そのやり取りが。

 

なので、相手のことを考えてアポを取るなら、

「ちょっと○○について話したいんやけど、どない?」

と聞いてください。

 

そのうえで、

「じゃあいつ、どこで話をしようか」

という流れになるわけです。

 

 

時間は、命です。

人生は時間で成り立っています。

その時間をどう使うか?という視点で動いているのですが、

そうじゃない人からすると、

「ヒマなんやったら俺にその時間くれよ~」

という、安易なスタンスで相手の時間を奪おうとするんです。

 

これはもう時間泥棒であり、

時間=命なので殺人事件ものです。

 

そういった意識があれば、

安易に相手の時間を確保しようなんてできないはず。

 

もちろん、気軽な気持ちで会いたい!と思ってもらうのはいいんですが、

相手への配慮は必要かな、と思うんですよね。

 

僕は基本的に、予定が入ってない限りは人からのお誘いは断らないんですが、

この辺りの配慮ができていない人とは会いたくないな~と思いますし、

そういう人に限ってガンガン気にせずアポを取ってくるので、

なんともな~…

という感じになるわけです。

 

あ、別に誰とも会いたくない、というわけではないですからね(笑)

会いたいんですが、配慮し合おうね、ということです。

 

ま、でも人の振り見て我が振り直せ、ですからね。

僕もまだまだ配慮が足りてない、という証拠でしょう。

 

精進します。

 

 

 

また読みたい!と思ったらこちらをクリック^^

 

「個人事業主」ランキング1位~3位をうろうろしています(^^)/

「経営者」ランキング、徐々にランクアップ中です(^^)v

いつもありがとうございます!

↓↓↓

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ