読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるい経営術

がんばるのではなく、努力するのではなく、自然体が最も力を発揮するのであーる。

「ひとつ」に絞る怖さ、絞らない怖さ

できないことができるようになったとき、

人は喜びを感じるのですが、

僕は特にその要素が強いみたいで、

何でもできるようになりたい、

という欲求があったんですね。

 

それこそビジネスにおけるあらゆる分野をカバーしようと、

本を読んだり人に聞いたり実践したり、

時間もお金もいくらあっても足りない~

という状態に陥っていました。

 

昨年2014年に独立してからは、

個人事業主として活動しているので、

あれもこれもやってはみるものの、

あまり利益につながらないことが多々あり、

利益につながらないからもっと動かないと…

とただひたすらに考えて行動した結果、

「貧乏暇なし」

という状態を経験しました。

 

 

ただ、実はこれ、考え方が逆なんですよね。

 

「貧乏だから暇なく動き回る」

としてしまうと、あれもこれも、と手を着けすぎてしまいます。

どれも中途半端になってしまうので、

結局たいした成果は得られないまま終わってしまいます。

 

 

つまり、

事業内容を絞れていない」

ということです。

 

 

よくビジネス書では、

ひとつに絞ることの有効性を説いているんですが、

実際やってみるとひじょーーーーーに怖いんですよね。

 

今まであれもこれもやってきた人からすると、

その多くを手放し、

たったひとつのことに集中するなんて、

「自殺行為だ~!」

と内心叫んでしまいます。

 

 

でも、僕は勇気を出して、

事業内容をひとつに絞ってみました。

 

 

 

そのひとつとは、

 

「selfix(セルフィックス)事業

 

といいます。

 

 

selfixとは、

 

self + fix = selfix

 

という造語です。

 

「自分の強みがわからない~」

という人は、

「自分の強みを決めていない人」

なんです。

 

仮決めでもいいから、

自分(self)の強みを決める、固定化する(fix)ことで、

思考や言動がはっきりしてきますし、

結果も出やすくなるので、

フィードバックも明確になるのです。

 

で、そのフィードバックをもとに、

また自分を再固定化すればいい、

と僕は考えています。

 

 

では、どうすれば自分の強みを見つけることができるのか?

 

 

それは、

「自分とは違う人と、いかにつながるか」

ということです。

 

 

「青」が「青」と理解するためには、

「青」の中にいては理解できません。

 

「赤」「黄」

「白」「黒」

といった、違う色と出会うことで、

自分が「青」だということに気付くわけです。

 

 

でも、家庭と学校や会社の往復だと、

自分と違う人と出会う機会は限られてきますよね。

 

そこで、selfix事業としては、

様々なイベントやコミュニティを立ち上げることで、

今まで出会ったことのない人が出会う場を創造し、

交流を通じて参加者が自分の強みに気付く、

そんな機会を生み出しています。

 

 

たとえば、

「フットサルをしてたら、自分の強みに気付けた!」

となったら、おもしろいと思いませんか?

 

僕は中学生の頃からサッカーに没頭し、

多くの人たちとつながることで、

自分の強いに気付くことができました。

それを仕事や日常生活に活かすこともできています。

 

そういった機会をたくさんつくることができれば、

一人ひとりの強みが活かされ、

日本を底上げすることができると考えています。

 

それが僕の企業理念であり、

selfixの事業理念でもあります。

 

 

まずは、10月から毎週土曜日に、

フットサルイベントを立ち上げています。

多くの人が参加することで、

自分の強みに気付く人が一人でも増えることを楽しみにしています^^

 

(10月のフットサル開催日程はこちら)

 

ryota-free.hatenadiary.jp

 

 

 

こういった事業を、以前も「やりたい!」とは思っていたんですが、

どちらかというと複数ある事業のうちのひとつ、

という位置づけだったんですね。

 

企業の採用事業

コーチン事業

経営コンサル事業

 

様々な事業を手掛けながらだったので、

なかなか集中することができませんでした。

 

 

しかし、やっぱり自分の目的に沿って、

一番やりたい事業に特化しよう!

ということで、

selfix事業ひとつに絞ることにしたのです。

 

 

最初は、もちろん怖かったんです。

 

捨てるものがあまりにも多い気がしたので。

 

 

でも、ですね。

 

 

絞ったとたん、自分の思考や言動が集中されたので、

そこからの展開が猛スピードで進んでいるんです!

 

様々な経営者の方に声をかけていただいたり、

参加者の方が増えたり、

紹介も生まれたりと、

本当にありがたいことばかり起きています。

 

ありがたいことが起こりすぎて、

体調が悪くなったほど…(笑)

自分自身のキャパを広げないと!と感じる日々です。

 

 

もし、「ひとつ」に絞らなかったら、

今の状況はなかったでしょう。

 

「ひとつ」に絞って、

そこに自分の持っている全てを突っ込んだので、

絞る前よりも広く展開できたんだと思います。

 

 

 

「ひとつ」に絞る怖さ、それは不安や恐怖です。

今までの自分を捨てるような気がして、

今までの自分のがんばりをなかったことにするような気がして、

恐怖を感じているんだと思います。

 

でも、それはただの「勘違い」です。

自分のがんばったこと、知識、経験は、

捨てても捨てきれません。

 

自分の血となり肉となり、

自然と活かすことができるようになっているんです。

 

 

 

僕はいま、

「ひとつ」に絞らない怖さ、を実感しています。

 

絞らなければ、結局は広がりません。

あれもこれもやって、広がらないときは、

本当につらい日々が続きます。

でも捨てるのが怖いので、

悪循環に陥るんです。

 

勇気を出して、「ひとつ」に絞ってみてください。

 

絞ることこそが、

現状を打破する、突破する方法だと僕は考えています。

 

 

何かもやもやしている方の参考になれば幸いです^^

 

 

 

また読みたい!と思ったらこちらをクリック^^

 

「個人事業主」ランキング1位~3位をうろうろしています(^^)/

「経営者」ランキング、徐々にランクアップ中です(^^)v

いつもありがとうございます!

↓↓↓

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ