ゆるい経営術

がんばるのではなく、努力するのではなく、自然体が最も力を発揮するのであーる。

目標達成するための「前提」と、それを生み出す「価値観」について考え直してみよう

何らかの「問い」に対する「答え」って、

一人ひとりがもっていて、

その「答え」を出すにあたっては、

「価値観」が作用している。

その「価値観」が「前提」となって、

「答え」が作られている。

 

ということは、

「価値観」が違えば「前提」が違うし、

「前提」が違えば「答え」も変わってくる。

 

 

最近、自分の中での「価値観」がぐるぐる変わってきていて、

全体的には

「楽に」

「簡単に」

「シンプルに」

「楽しく」

「おもしろく」

「自分のためではなく社会のために」

「豊かに」

といった方向になってます。

 

 

そういった価値観のもと、

今までの「問い」に対する「答え」を

改めて見直すようなことも増えてきました。

 

 

その中で、昨日ひとつ自分の「答え」を書き換えるものが。

 

 

 

あなたは、

「目標を達成する」

と聞いて、どんなシチュエーションを思い浮かべますか?

 

今までの僕で言うと、

「高い山に登る」

というイメージでした。

 

まず、どんな山に登るか決める。

高ければ高いほど、景色は最高だ!

じゃあここでは、富士山に登る、としましょう。

(目標設定)

 

次に準備ですね。

まずは登山トレーニング。

富士山に登るためには、

それ以外の小さい山である程度経験を積んでおいた方がいい。

(目標のブレイクダウン)

 

小さい山でもなめてはいけない。

普段からの筋トレが大事。

(日々の行動内容決定)

 

筋トレもメニュー化して、

ある程度筋力もついた!

小さい山も登ることができるようになってきた!

まだ至らない点もあるけど、

そこを改善する内容も日々ブラッシュアップしている!

PDCAサイクルを回していく)

 

あ、そうそう、登山には道具もばっちり揃える必要があるな。

ウェア、バッグ、シューズ、

その他もろもろ。

(スキルやテクニックを身に付ける)

 

よし、あとは富士山に登るだけ!

 

はぁ…はぁ…はぁ…

しんどい…

しんどすぎる…

でも、このしんどいことの先には、

きっと…輝かしい…景色が…

 

 

 

 

 

 

 

 

そして…

 

 

 

ついに…

 

 

 

 

着いたー!!!!

(目標達成)

 

しばし、放心状態。

感動。

 

ご来光、なんてキレイなんだ…

 

 

 

 

 

 

 

 

で、下山。

(次の目標)

 

 

 

 

てな感じではないでしょうか?

 

 

まぁ人によって色々なのですが、

このように

「目標達成=高い山に登る」

という「前提」があるのではないでしょうか。

 

では、その「前提」を作っている「価値観」はというと、

 

「何かを得るためには、めちゃくちゃしんどい思いをしなければならない」

 

という価値観ではないでしょうか?

 

 

僕は、その価値観を書き換え中なんですよね。

 

だって、目標って、苦しまないと達成できないものだ、

って決まってるわけではないでしょ。

 

苦しまずにさらっと達成している人だって世の中にはたくさんいるわけですよ。

 

赤ちゃんは泣いたらご飯もらえるし。

お金持ちの家に生まれたら小さい頃からお金に困ることはないし。

身長が高ければ、小さい人よりはできることが増えるし。

日本人なら餓死することなんてほとんどないでしょうし。

 

つまり、このブログを読むことができている時点で、

僕たちは恵まれているわけですよ。

 

だから、何もわざわざ苦しむ必要はない。

苦しまずに目標を達成することだってできるわけです。

 

じゃあなんでわざわざ苦しむかというと、

「そういうものだと周りから教わったから」

「達成したときの感情を高めたいから」

「他に達成する方法を知らないから」

「なんかダメな気がするから」

「人間としての器が大きくなるから」

といった感じではないでしょうか。

 

 

ハッキリ言います。

 

それ、「目標を達成する」ということにおいては、

全くなんの関係もありません。

 

そういうものだ、と周りから教わったから?

じゃあその人は毎回目標達成している?

苦しまずに、ささっと目標達成している人もいるんじゃない?

 

達成したときの感情を高めたいから?

それは達成できるかどうか、とは別ですよね?

 

他に達成する方法を知らないから?

まずは探すことからはじめましょう^^

 

なんかダメな気がするから?

それ、勘違いです(笑)

 

人間としての器が大きくなるから?

達成することで大きくなることもあるんちゃう?

 

 

というように、

ガチガチの「価値観」や、

思い込み、刷り込み、先入観、常識、

などによって、

逆に【目標達成しにくい現実】を作り出している、

と僕は思うんです。

 

 

では、今の僕はどんな考えなのか?というと、

「価値観」としては、

「自然体が一番力を発揮することができる」

「自然体とは、シンプル、楽、楽しい、本質、原理原則」

といったもの。

 

なので、目標達成の「前提」としては、

「楽に達成できる」

となります。

 

なので、

「目標達成のイメージは?」

という「問い」に対する僕の「答え」は、

 

「川上からどんぶらこどんぶらこと流れて、おばあさんのところへ行く」

 

といったイメージです。

 

 

はい、桃崎だけに、桃太郎です(笑)

 

 

 

川上でね、まずは桃に乗るわけですよ。

まぁ大人なんで、船でもいい。

 

その船も、船を作りたい人に任せます。

もちろん少し手伝ったりしますが、

餅は餅屋なので、

基本は任せます。

 

で、行きたいところを決めて、

その船に乗り込み、

あとは川の流れに任せます。

 

しばらく経ったら…

着きます(笑)

 

はい、目標達成(笑)

 

 

何もがんばってないんです。

 

 

そのかわり、

自分は何者で、

何が得意で、

何が好きで、

どんな貢献をしたくて、

目的はどんなことがあって、

どんな仲間がほしくて、

流れを読んで、

身を任せて、

着くと信じている。

 

そういった、

「山登りタイプ」

の人がやらないような思考や言動を、

どんどんしていってます。

 

「山登りタイプ」

は、一人でもなんとかいける。

 

でも、

「川下りタイプ」

は、一人じゃ無理なんですよ。

 

船を作ってもらう人が必要。

それを操作してもらう人が必要。

受け止めてくれるおばあさんが必要。

 

いろんな人が必要なんです。

だから、人を巻き込む力、人を動かす力、

というものが必要になります。

 

「山登りタイプ」の人がしないことをやってる。

 

もしかしたら、その過程ではしんどいこと、つらいこともあるかもしれませんが、

基本は楽しいこと、嬉しいことだらけです。

 

だって、一人じゃないですからね。

楽しいこと、嬉しいことを共感しあえる仲間がいますからね。

 

 

目標達成を

「山登り」

とするか、

「川下り」

とするか。

 

自分の「価値観」を見直して、

「前提」を変えてみる。

 

目標達成だけじゃなくて、

すべてのことにおいて当てはまると考えていますので、

どんどん書き換えていきたいと思います

 

 

 

==========

【selfix フットサル】今後の予定

時間:13~15時

場所:フットサルヨコタ(阪急京都線 上新庄駅 徒歩7分)

 

▼2015年11月7日(土)

https://www.facebook.com/events/1634456820162757/

 

▼2015年11月14日(土)

https://www.facebook.com/events/1144042798957694/

 

▼2015年11月21日(土)

https://www.facebook.com/events/1689057484646224/

 

▼2015年11月28日(土)

https://www.facebook.com/events/921732531238785/

 

==========

また読みたい!と思ったらこちらをクリック^^

 

「個人事業主」ランキング1位~3位をうろうろしています(^^)/

「経営者」ランキング、徐々にランクアップ中です(^^)v

いつもありがとうございます!

↓↓↓

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ