ゆるい経営術

がんばるのではなく、努力するのではなく、自然体が最も力を発揮するのであーる。

理想の働き方は「プロニート」

最近、いろいろと働き方について情報が飛び交っているので、流行りに乗っかって僕も書いてみます。

 

僕が普段から考えてる、理想的な状態は

プロニート

です笑

 

なんじゃそりゃー!って感じやと思いますが、そもそもニートの定義は

「not in education, employment or training」

の頭文字から来てまして、

 

就学・就労・職業訓練のいずれも行っていないことを意味する用語である。日本では、15〜34歳までの非労働力人口のうち通学・家事を行っていない者

 

なんだそうです。

wikipediaさんより。

 

 

じゃあ34歳以上の人は何て言うのかわかりませんが、僕は

・勉強しない

・仕事をしない

・訓練をしない

の3つを兼ね備えたいな、それでも生きていたいな、と思うんです。

 

 

「何ゆーとんねんー!ええから働けー!」

というお叱りが聞こえそうなんですけど笑、

もうちょっと待ってください笑

 

いつもの通りめっちゃ理屈っぽくなるんですけど、勉強・仕事・訓練をしているかどうか、って周りの人から見たら「してる」と思われても、自分で「してる」って自覚があるかどうかは人によって異なると思うんですよね。

 

例えば、仕事と趣味が非常にリンクしてる人っているじゃないですか。

その人に「何時に仕事終わるんですか?」と聞いたら「うーん、ずっと仕事してるようなもんやから、終わるとか難しいわー」と平気で言います。

 

つまり、仕事をしているっちゃーしてるけど、してないっちゃーしてないし、趣味っちゃー趣味、みたいな状態ですよね。

 

これを勉強や訓練でも当てはめることはできる、と思うんです。

 

本人は好きやからただひたすら本読んだりセミナー行ったりしてるだけで、「勉強してる」って自覚はない。

でも周りからみたら「勉強家やなー」と評価はするかもしれない。

 

この、「自覚がどうなのか」にフォーカスしてみると、

「勉強をしてる自覚がない」

「仕事をしてる自覚がない」

「訓練をしてる自覚がない」

は成り立つと思うんですよ。

 

で、そんな中で圧倒的に動いて圧倒的に価値を提供してるので、勝手に対価(=お金など)を得ている。つまり、プロとして成り立っている、というわけです。

 

それが、僕が考える「プロニート」の定義であり、理想の状態であり、もしかしたらもうすぐそんなことがスタンダードになるんじゃないかな、と思ってるわけです。

 

プロニートは、普通の働き方をしてる人が「やばー、今日10時間も仕事した…残業つらい…」って言ってる横で、「俺たったの14時間しか活動できんかったわー^^」とにこにこしながら言ってそうです笑

 

目指せプロニート!なんですけど、そのためにもっと自分の関心がある分野を深く広く突き詰めていきたいなーと思う今日この頃です。